読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系未経験でSIerになるならこれは気をつけようという話

皆さんこんにちは

最近、引っ越しを考えているコジマです。

 

 

さて3月になり、いよいよ2018卒の就職活動が始まりましたね。

なんか毎年少しづつ早まっていませんか?(気のせい?)

 

かくいう自分も2年前は就職活動をしていました。

そして去年から新卒として中企業くらいのSI企業に就職しもうすぐ1年が経ちます。

 

そんないい意味でも悪い意味でも最も学生に近いと思われる社会人の僕が、

働いてからわかった文系未経験でSIerになるなら気をつけようという3つの事を話したいと思います。

 

正直、入社してから1年しか経っていないので、表面の部分しか語れず、

僕の妄想部分も大きいかもしれないので、

参考にせず頭の片隅に置いておくくらいがちょうどいいかもしれません。

 

はじめに

まずはじめに誤解がないように話をさせてもらいますが、

今の会社を貶めようと思っているわけでもなく、

SIerを否定している訳でも全くありません。

完全なる私感で気をつけてほしいなと思う事を書きます。

むしろ今でも一緒に働いているSIerはすごいと思っていますし尊敬してます。

 

また今回は気をつけることにフォーカスを当てるために自分の経歴ははしょります。

 

ただ前提として僕はバリバリの心理学部卒の文系で、プログラミング未経験だったということだけ覚えておいてください。

 

気をつけポイント① 業界を見極めよう!

さて、ここまで読んで少し違和感を感じた人がいるかもしれません。

そうです。

僕が気をつけてといっているのはプログラマーではなくSIerです。

 

なぜかというと簡単にプログラマーと言ってもいろいろな種類があります。

よく言われるのが”SIer”と”WEBエンジニア”です。

僕はWEBエンジニアではないので、

まとめてプログラマーがどうと聞かれてもわかんないわけです。

 

 

ここについては僕が語るより調べてもらった方が断然わかりやすいと思います。

blog.codecamp.jp

参考までに

 

僕はこの時点、就活の時点で失敗していました。

なぜならこの違いがわかっていなかったからです。

プログラマーなら全部一緒だと思ってました。

だからこそ会社はどこでもよくて

とにかく未経験歓迎を謳っている所を探し、今の会社に就職しました。

これが大きな間違いでした。

SIerとWEBエンジニアでは求められるもの、働き方など変わってきます。

 例えば、開発言語であったり、スーツか私服かであったり。(些細な事ですが重要)

僕はそれすら理解せずに入ったのでギャプがすごくあったんです。

 

事前に業界の違いは把握しましょう。

 

気をつけポイント② 未経験歓迎に隠れた罠!

分野を問わずIT業界はプログラマーの人員が足りていない!

よく聞くフレーズ。

でもこれは間違いないです。

今働いている現場でも圧倒的にリソースが足りていないように感じます。

でも優秀な人達は限られている。

なので、企業は未経験でも採用をしています。

 

ここで気をつけてもらいたいのは、

その企業の自社開発レベルとSES(委託契約)の比率です。

これで研修の質、成長の質が変わリます。

要は未経験にどれだけのレベルの教育ができるかが変わります。

 

僕は自社開発の比率が高いのが理想だと思っています。 

 

なぜなら、

”自社開発がしっかりしている = 社内に優秀なSEやプログラマがいる”

 

つまりノウハウが社内に残っているということ。

さらにわからない事をフォローしてもらえる。

右も左もわからない未経験にとってはかなり大切なことです。

 

大手がまさにそうだと思います。

ノウハウの積み重なりが高い技術力へとつながり、若手が育って企業のレベルが上っているのだと感じます。

 

僕の会社にも優秀な社員さんはいますが、

自社開発をほとんど行っていないので、みんな社外で勤務をしています。

なのでわからないところが聞けないなど研修は割りと酷かったです。(そのほかにも理由はありますが...)

実務でも自分でできるものがほとんどなかったです。

(他を受けていないので一概に言えないですが)

 

そして、SES。

本来SESは、企業が開発の人手が足りない時に社外から人を借りるサービスの事です。

 つまり即戦力が求められていることです。

 

ということは、未経験では開発に携わることはまずないです。

なので未経験でもできるテスト、評価という案件が来ます。

(通称:エクセルスクショ地獄)

 

テストをやってもコードは書けるようにはなりません。

つまりその次に来る案件もテスト。また次に来るのもテスト。

と言うようにいつまでたっても書けるようにならないのです。

自分は割と平気ですが、人によっては気が狂いそうになるそうです。

 

なので正直、僕は1年働いてたいしてプログラムが組めるようになってないわけです。

(自分で勉強してHTMLとCSSは少しできるようになりましたが)

 

ただ「自分で勉強するのは当たり前だ!」

って言われると全くもって言い返せないので、

自分で勉強しましょう。

 

また逆に全くわからない状態でいきなり開発現場にポンッと入れられる事もありますが、これはこれで辛いそうです。(僕は経験してない)

 

ここで得た教訓は、

・自社開発をしている会社に入ろう!

・自分で勉強しよう!

 

気をつけポイント③ 勤務地

もはや文系未経験は関係ないです。

 

ポイント②で軽く話をしましたが、

SIerはSESというサービスで

ちょくちょく勤務地が変わります。

 

 

なので移動時間にかなり時間を費やします。

僕自身、現在片道45分の通勤をしてます。

知り合いで片道2時間の通勤をしている猛者もいました。

 

通勤と侮るなかれ...

通勤時間が短いとどんなにいいことか...

ここは身をもって経験した方がわかります。

 

IT系と言われる企業は都市部にあるので、

通勤ラッシュにハマります。

フレックスとかもありますが、

SIerは営業同士が決めた勤務時間に遵守するので、フレックスなんてものはない。

 

まとめ

どうだったでしょう。

長くなりそうだったのでとりあえず伝えたいことを3つだけ書きました。 

 

 

僕はプログラマーでよくいわれている辛い残業(デスマーチ)を経験していないので、今回含めませんでしたが、残業が辛いっっていうのがポイントになる人もいるかもしれません。

場所によってやっぱり残業過多の所はあります。

 

 ③に関してはSIerだけじゃないかもしれませんが、就活時代に気づかなかった通勤時間は今はかなり必要な要素だと感じてます。

 

文系未経験からSIerになるには、

それなりの覚悟がいります。

 

会社の人事がよく採用の場で

「未経験でも大丈夫です!」って

言っていることがありますが、

それを信用しきってはいけません。

 

自分の意欲と会社の体制がマッチングしたところに入りましょう。

 

 

それでも文系未経験でSIerを楽しくやってる人はいるので、

やっぱり最後は向き不向きに集約されるのだと思います。

 

じゃあ僕はどうかというと、

 

 

 

 

 

 

 

転職しよ!!

【第一回】大人の読書感想文

f:id:l_kojima:20170311194057p:plain

 

どうもこんにちは。

 

突然ですが、

本は好きですか?読むのは好きですか?

 

僕はめちゃくちゃ苦手です。

いや、多分苦手なんじゃなくて集中力がないだけで続かず、

そのまま逃げてきた感じがします。

 

それでも本を読む重要性はいろんな所で言われています。

なので、ブログのネタにすることで

意識的に読む口実を作り、

その感想を書くことで、

自分の中に吸収できるんじゃないかなと思いました。

 

よく言うところのインプット・アウトプットですね。

それをやります。

 

 

学生時代に

感想文に絵を書いて怒られたことがあるくらいの人間なので、

たぶんかなり雑な感想文になると思います。

伝わらないと思ったら自分で買って読んでみてください。

本に罪はない。

 

 

今回の本

伊藤Pのモヤモヤ仕事術

f:id:l_kojima:20170311201657p:plain

伊藤Pのモヤモヤ仕事術 (集英社新書) | 伊藤 隆行 |本 | 通販 | Amazon

 

やりすぎコージー」や「モヤモヤさまぁ~ず2」

といったクセのあるおもしろ番組を作っている

テレビ東京のプロデューサーの仕事論が書かれた本です。

 

僕はどっちの番組も大好きで、

やりすぎ都市伝説や取れ高サイコロは発想が天才だなと思って見ていました。

 

今回は昔、買ったのが家にあったので読んでみたいと思います。

 

本を読むキッカケ

本の説明の部分でも書きましたが、家にあったので読もうと思いました。

ただそれだけ。

 

なんで家にあったかと言うと、

僕が大学1年の頃にプロデューサーという職業に憧れていたので買ったんですが、

途中で興味がなくなってしまい、結局読まず終いになってしまいました。

 

せっかくなので久しぶりに読もうと思って2日くらいかけて読んでみました。

 

どんな内容か?

ビジネス書です。

伊藤Pがテレ東に入ってからどんな風に仕事をしているか、

どんな風に企画を考えているのか。

 

ただ他のビジネス書と違うのは、伊藤Pだけが書いているだけではなく、

そこに関わる人が客観的に見た伊藤Pの良いところを書いています。

 

さまぁ~ずの2人や大江アナ・大橋アナ、極めつけは奥さんが働き方を書いています。

 

 

しかしこのテレ東、皆さんが思っている以上にすごい局なんです。

何がすごいかと言えば、ず~~~~~っと最下位ということ。局が誕生して以来、視聴率の世界でずっと最下位をキープしている、唯一無二のテレビ局なんです。

抜群の安定感です。

 

こんな事が書かれている本がおもしろくない訳がない!! 

 

今回の本を読んで

文章構成や内容はさすがプロデューサー。

抜群に面白かったです。

 

今回はその中で僕が学んだ4つのことについて書きます。

 

①勝ち方を考える

テレ東は伊達に最下位なわけではなく、ちゃんとした最下位の理由がありました。

それは過去の負の遺産やネットワークの問題だそうです。

だから最下位であることは揺るがないそうです。なので違う勝ち方を考える。

1番カッコいい勝ち方。それは圧勝です。

他局の視聴率が10%の時、テレ東だけが20%。これは非常にカッコいい。プロの野球で言えば2位と20ゲーム差をつけての優勝。マラソンで言えばぶっちぎりの快走です。

(中略)

でも万年6位の野球チームが5位になったところで胸を張れないように、ちょっと勝ったぐらいじゃカッコ良くないんです。

数字の上で戦っても、どうせカッコいいことにはならない。そこで僕は、あることに気がつきました。

勝手に勝てばいいと。

ここで言う勝手に勝つとは、数字には反映されていないけど好きな人が多い。

つまり積極視聴の勝利とのことです。

 

これは通常の会社にも言えることだと思います。

中小企業が大企業に売上で勝つのは難しい。

それならば好きになってくれる人を集める。

 

どの角度からも勝てないのであれば、勝ち方を変える。とても深い。

 

②人のために死ねること

物騒なことを書きましたが、決して物理的なことではなく、気持ちの持ち方です。

(いやもしかすると物理的なのか??)

テレビマンは全員、成果物(つまり番組)を世に送り出すことで究極の幸せを得ます。その番組を最高のものに仕上げるために、全ての実務が存在する。だからこそ、スタッフ全員の苦労が報われることや、それによってモチベーションが高まること、究極的には本当に楽しい仕事だとスタッフが思えることが必要になってきます。そのためプロデューサーはスタッフに対して、目に見えない達成感を与えていく。スタッフのためにバントをし、点を取らせる。そのことが番組を高いクオリティに押し上げていく。地道。でも大切な仕事です。 

プロデューサーと言うと華やかな仕事に見えてしまいます。

実はそうではなく、 地道にスタッフのために少しづつ死んでいっているのです。

しかもそれを知られないように、自分からも言わず、密かに死んでいっている。

違うところに”他人の力で生きています”と書かれています。

他人の力を引き出すために自分を犠牲にする

最高にカッコイイです。

 

③企画の考え方

こんなクセのある番組を作っているのだから、クセのある考え方をしているんだろうと思っていました。

が、実際はシンプルに「これ見てみたい」と思うタイトルや頭のなかに一枚の画を思い浮かべ、核を作るという考え方でした。

企画書で伝えたいことなんて、究極的には一行15文字ぐらいで収まります。結局それだけじゃ足りないので言葉を足して説明していくわけですが、 軸がいくつもあると主張したいことがぶれてくる。中心に核が一個あって、楽しめるポイントがたくさん派生するのが基本だと思います。

僕は特にあれもこれもと思ってしまうタイプです。

結果、自分がしたいことが何かわからなくなります。

まずは捨てる勇気をもって、シンプルに考えようと思いました。

 

④才能のうち、99%は凡人

この本で1番伝えたい事がこの内容。

自分は凡人です。ただその中にある1%の天才の部分で、自分の本音を企画書にしたり、自分の番組にしています。

(中略)

天才の部分は1%で十分です。1%あれば、なんとかなります。ただし、その1%は誰にも入れない、マネできないものでないといけません。 

少し違う書き方ですが、要は

「誰でも99%は凡人で、1%は天才。1%の天才を信じろ」ということ。

 伊藤Pの先輩の言葉だそうです。

 

僕は自分の事を100%の凡人だと思っています。

でも実際はそうではなく1%は天才。

 

この1%は誰にでもあり、それを信じ貫き通す。

僕の1%はなんなんでしょうか。

 

おわりに

絶対に読書感想文になっていないと自分で読んでツッコミをいれましたが、

まぁ見なかったことにしましょう。

 

ちゃんと学生時代に読んでおけばよかったと後悔しましたが、

逆に今読んだからこそ響いたのかもしれません。

 

とてもおすすめの本です。

ぜひ読んでみてください。

Webメディアびっくりセールに行ってきた

デイリーポータルZ主催のWebメディアびっくりセールに行ってきました。

portal.nifty.com

 

といっても先週なんですけどね。(笑)

 

 

Webメディアびっくりセールとは

簡単にいえば「Webメディア版のコミケ」。

 

普段、Webメディアを運営している人たちが集まり、

様々なものを販売していました。

トークショーもありました。

 

 

f:id:l_kojima:20170305212448j:plain

会場は京急蒲田駅すぐ近くの大田区産業プラザPio。

(蒲田って勝手に八王子付近だと思っていて、前日泊まった友達の家から近いと思っていたら全然遠くてビビりました。)

 

混むといやだなぁ~と思ったので、開場の12時前につくように向かいました。

 

11時50分くらいについたので、近くのコンビニで休憩して、

いざ会場へ

 

f:id:l_kojima:20170305212605j:plain

いや、めっちゃ人いる!!

 

あれ12時開場だよね??と思うぐらい人がいました。

そして会場内は人の熱気でめちゃくちゃ暑かったです。薄着していけばよかった。。

 

今回の目的

 今回なんで、このイベントに行ったかというと、

ジモコロの編集長の徳谷柿次郎さんに会いたかった。ほぼコレ。

 

しかも実際にあって話すことができました。

それもかなりガッツシと!

 

もうこれだけで名古屋から行ったかいがありました。

 

ジモコロブースだけに限らず、

今回のこのイベントで1番良かったと感じることは、

普段喋ることのできないインターネット上の人と、

実際にあって会話ができたという事。

 

オモコロやねとらぼとかBuzzFeedとかこういう人が書いてんのか、

そりゃおもしろいわ。と実感することができました。

 

トークショー

f:id:l_kojima:20170305212816j:plain

 【webメディアの編集長によるトークショー】 

 

 質問に答えるという形式でしたが、

「PV数、UU数、RT数、広告収入、いいね数、どれが好き」みたいな質問や

「明日載せる記事が全て入稿されている」とか質問から酷かった(笑)

 

ただ、「どういう人と一緒に働きたいか」、「どういう記事がいいか」など、

タメになることもかなり多くありました。使うときがあるかは別として。

 

あと個人的にオモコロの原宿さんがあいさつでマリオカートネタを出したのがめっちゃツボでした。

(ネタがわからない人は”マリオカート””騒動”とかで調べてください) 

 

今回の戦利品 

 

f:id:l_kojima:20170305212710j:plain

f:id:l_kojima:20170305212700j:plain

・ジモコロおじさん写真集

・ジモコロ手ぬぐい

   ⇒ 早めに行って正解でした。

 

・ジモコロTシャツ

・ジモコロ大雪渓(配送)

www.e-aidem.com

・ヘボコンの達人

・わたしのチートシート

・バズフィードだったのに正直バズらなかった記事たちー封印の書ー

・TOCANAのトートバック

 

そして、、、

 

f:id:l_kojima:20170305212739j:plain

”童貞の疑問を解決する本”

 

銀座で働いてるイケてる友達に見せたら「すごい良本」って言ってました。

 

 

第二回も楽しみにしてます。 では。

ブログについてと自己紹介

はじめに

みなさんこんにちは。

f:id:l_kojima:20170305180351j:plain

仏頂面で失礼します。

 

さて、あえて画像には触れず、

いきなり本題に入らせていただこうかなと思います。

 

まず、軽く自己紹介を。

 

自己紹介

コジマイクヤ(23歳)男、会社員。

大自然長野県に生まれ、現在は愛知県に暮らしています。

趣味はギター、カメラ、お菓子作り、最近は電子工作をちょろっと。

よく言えば多趣味、悪く言えば飽き性な人間です。

まじで大したことなく上記で上げたものはほぼ中途半端で終わっているので、

趣味なんてものはないのかもしれません。

 

あと漫画とアニメも好きです。

漫画に関してはとりあえず目に入ったものを買っている感じで、

部屋が漫喫状態になっています。(要は汚部屋)

 

このブログについて

次にブログを始めようと思った経緯について。

 

突然ですが、

皆さんはWebメディアはお好きでしょか?

 

僕は大好きです。

特にオモコロやジモコロ、LiGブログが好きでよく読んでいます。

omocoro.jp

www.e-aidem.com

liginc.co.jp

 

本当におもしろいですよね。

 

読んでいるうちに、

よっしゃ!自分でもWebメディアやってみっか!!と思ったわけですが、

そもそもどういう風にやっていいのかわからないのと、

自分に圧倒的に文才がないことに気づいてしまい、

いきなり積みました。

 

そこでまず、1つずつ課題を解決する意味でも、

ブログを始めようと思ったわけです。(安易)

 

ブログのタイトルに関しても

コピーライティングセンスのなさが発揮され、

3週間以上悩んだ末に、決まらなかった事を全面に出していこうという、

まずいことを売り出した青汁戦法に出ました。

(なんかいいタイトルが浮かべば速攻変えます)

 

とりあえずの目標としては

「文章力の向上」

を掲げ、ゆるく長く細くやっていければと思います。

 

何も考えずにとりあえず始めたので、

方向性は大いにブレると思います。

 

それに自分自身、知能もあまり高くないので、

しょうもないことが多めだと思います。

 

まぁ、まずはがんばりますぅ。

 

 

参考

最初から何を書いたらいいかわかんないという出オチ状態でしたが、

素晴らしい記事があったので参考にしました。

 

matoyomi.hatenablog.com